蜂の巣が見つからないならスズメバチ駆除業者に発見してもらうのが得策

サンプルメイン画像

賃貸物件でスズメバチ駆除を行なう時に知っておくべきこと

賃貸契約のスズメバチ駆除は誰の責任?

自宅にスズメバチの巣を発見した場合はすぐにでも駆除したいところです。しかし、賃貸物件に住んでいる場合は、まず管理会社や大家に連絡を入れましょう。間違った方法で駆除してしまうと、室内の破損や劣化を招いてしまい、退去時の修繕費用に影響が出てしまいます。また、近所に迷惑がかかってしまうこともあるので注意しましょう。賃貸契約の内容によっては、管理会社や大家が駆除を行なってくれる場合もありますし、共用部分であれば駆除責任が発生するので、駆除に関する費用を自己負担することなく対処してもらえます。

自治体によってはハチの駆除を任せることができる

ハチ

地域によっては、市役所や自治体が提供しているサービスを利用して、通常よりも安くハチ駆除が行なえます。サービス内容は様々ですが、駆除を無料で請け負ってくれたり、専門業者の利用で発生した駆除費用の一部を負担してくれたりします。中には、駆除に必要な防護服やネットなど、専用の道具を無料で貸し出してくれる自治体もあります。これらのサービスを利用することで、出費を抑えてハチ駆除が行なえます。しかし、危険性の高いアシナガバチは駆除の対象外となってしまうので、申請の際は事前に蜂の種類を確認しておきましょう。

雑損控除申請で費用負担の軽減ができる

地域自治体や、役所が提供しているサービスを無料で利用することができなくても、雑損控除を申請することにより、ハチ駆除で発生した費用を軽減することが可能です。この控除は、ハチの巣を駆除した際に発生した費用の一部税金を還元してもらえる便利なシステムです。毎年行う確定申告の際に、雑損所得の項目を記入して提出すれば申請は完了です。手続きには駆除作業の詳細が記載された、領収書や関連書類が必要になってくるので大事に保管しておきましょう。

TOPボタン